• ホーム
  • プロペシアを通販で安い価格で購入する方法|正しい選び方と買い方

プロペシアを通販で安い価格で購入する方法|正しい選び方と買い方

2020年06月29日
髪を気にする女性

プロペシアは、国内で購入すると保険外の影響から高値になってしまう傾向があります。国内で安いプロペシアを購入する場合には、工夫をしなくてはいけません。その中でも最も利用されている方法は、個人輸入の通販サイトを使う方法です。日本国内では、一般市場でプロペシアを購入することはできません。しかし、個人輸入の場合は通販サイトを利用することで購入することが可能で、法律的にも問題はありません。

一般的に、海外の製品を輸入する場合には税関を含めた色々な手続きや処理が必要になります。お金が必要になったり、面倒なことが非常に多いのでこういったことをしないようにするために個人輸入の代行業者が存在します。メリットは、通販のような感覚で安い製品を購入することができるため、国内ならば必要になる処方箋なども必要にならないことです。

個人輸入の通販サイトの安さの秘密は、ジェネリック医薬品にあります。ジェネリックは、先発医薬品の有効成分を利用して開発している正規の医薬品で、その効果は先発医薬品の有効性に依存します。しかも、大量に生産して一般市場で販売することを目的としていますので、数が多いうえに安く提供できるというメリットがあります。ジェネリックが本物である場合には、先発医薬品と同等の効果を期待することができますので費用対効果の面でも非常に役に立ちます。

確かに、日本国内のプロペシアもジェネリックの開発によって安値で購入することができるようになっています。しかし、海外の製品と比較した場合、保険の適用外とあって高値になりがちなのは間違いありません。提供されている製品の数も少なく、自由に選択することが難しいという側面もあります。この点、個人輸入の代行サイトであるのならば自分が欲しい医薬品を自由に選択できます。

ジェネリックの選択方法は、利用期間と含まれている成分で決めることが重要です。例えば、プロペシアの有効成分はジェネリックでもフィナステリドに違いありませんが、実は利用されているコーティング剤に違いが存在することもあります。このようなコーティング剤には、人体にとって良くない成分が含まれていることもあるため、こういったものが含まれているかどうかを選択の基準の1つにするとわかりやすいです。

業者を利用する場合には、信用性のあるところを選択しなくてはいけません。海外からの輸入品には偽物が入っていることも多く、そういったものを使って体調が悪くなったとしても誰も責任を取ってくれません。既に信用性と実績があって、安全性の高い通販サイトを利用するのが一番です。

関連記事