髪が薄い男性

プロペシアは、脱毛の原因物質であるDHTの発生を防ぐために役立つ医薬品です。DHTが生まれると、前頭部や頭頂部に特徴的な薄毛の症状が現れ、この症状がでると自力で改善を見込むことが困難になります。DHTは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と繋がることで脱毛を生じさせ、人間が本来持っているヘアサイクルを狂わせてしまうという性質を持っています。こうした、脱毛物質における悪影響を未然に防ぐことができるようになるのがプロペシアの魅力です。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが特定の還元酵素と反応することで発生します。そして、この酵素の働きを阻害することができるのがプロペシアに含まれている有効成分であるフィナステリドです。フィナステリドが効果を発揮すると、それまで乱れていたヘアサイクルが正常に戻り、髪の毛の質が元に戻るという現象を確認できます。ヘアサイクルは、人間ならば誰でも有しているものなのでAGAの発生の原因とも大きく関連しています。

現実的にもAGAを治療するうえで、フィナステリドのヘアサイクルへの作用はとても重要です。そもそも、AGAを発症すると髪の毛の質そのものが非常に悪くなってしまいますので、質の悪い髪の毛が作られてしまいます。毛髪の頭皮への定着率が悪くなり抜けやすくなるため、自然と脱毛本数も多くなり結果的に薄毛になります。

ヘアサイクルには、毛周期という髪の毛を成長させる周期が存在します。プロペシアの目的は、この成長期をできる限り長く正常な状態に戻すことにあります。成長期が長いと、それだけ質の良い髪の毛を作ることができるようになりますので、健康的な毛髪を維持することが可能になります。実際に、毛髪のヘアサイクルは約90%がこの時期に該当していて、プロペシアの作用でこの成長期をのばすことができれば、AGAの改善にもつながることがわかります。

もちろん、こういった特殊な作用を発揮する医薬品であるため服用する際には正しく使うことが大切です。ポイントとしては、プロペシアは未成年者や女性は利用してはいけないという点です。男性ホルモンが特定の酵素と結びつくことを想定して開発された医薬品であるため、ホルモンバランスに敏感な未成年者や女性にとって悪影響がでやすい医薬品です。特に、プロペシアは女性に対して毒性が非常に強く、妊婦にとっては胎児への影響も考えられますので扱いには必ず注意が必要です。